良書探しの穴場

新潮文庫の巻末にある、作品案内ページが好きだ。 さて、次は何を読もう。1冊の本を読み終えれば、たとえ積ん読があってもそう考えてしまうのが本好きの性(さが)というもの。だから本編読了後は解説を経て、その…

溢れる前に

PCのブックマークとEvernoteの保存記事を整理した。「ずっと」よりも「とりあえず」が多いので、時々整理しないとどんどん増えて、大事なものが埋もれてしまう。 やり始めればそんなに手間はかからない。…

就寝前の定番本

吉田篤弘の作品は、そのほとんどが再読を繰り返すほど好きなのだが、「なにごともなく、晴天。」は常に枕元に置いてあり、就寝前の定番本になっている。長編小説ではあるが24章で構成されており、つまり各章がとて…

時代

内田裕也さんが亡くなったり、イチロー選手が現役を引退することが、僕に直接的な影響を及ぼすことはないけれど、それでもまた一つ、何かが「終わった」と感じる。それはやはり「時代」という言葉がふさわしいだろう…