鉛筆の願い

もしも僕が鉛筆なら 今どのくらいの長さで あとどれだけ書けるのかな もう尖らなくていいよね やわらかな筆跡で やさしいことばを綴りたいから