鉛筆

鉛筆は、その個体をずっと使い続けることはできないけれど、有限だからこその愛おしさや親しみがある。 そして、筆記具としての役目を終えた鉛筆は、今度は瓶の中で、目を楽しませてくれる。