檸檬

興味はあっても、難しすぎて(読解力不足で)親しみきれない「純文学」だけれど、梶井基次郎の「檸檬」は好きで、折に触れ、読み返している。 えたいの知れない不吉な塊が私の心を終始圧(おさ)えつけていた。 冒頭のこの一文で引き込...