財産

何度読んでもまた読みたくなる「再読常連本」は、内容だけでなくその本自体にも魅力を感じるようになってくるので、単行本と文庫の両方が出ているものについては、その両方を所有するようにしています。「あめりかむら」は単行本しか出ていませんが、絶版本なので、古本屋で安価なものを見つけたら「予備」としてもう一冊買っておいてもいいかなと思っています。

もちろん未読本でしか味わえない読書もあり、それはそれで引き続き大事にしていくつもりですが、何度も読み返したい本があることはとても幸せなことで、やはりそれはかけがえのない「財産」だと、しみじみ思う今日この頃なのです。