信頼関係

買ったきり、何年も読まないままの本がある。
読み始めてはみたものの、途中で挫折したきりの本がある。

本好きには、たぶん心当たりがあるだろう。

そんなとき僕は、平松洋子さんのことばを思い出す。
「本は、待っていてくれる」

なんてすてきなことばだろう。

僕は本を迎える。
本は僕を待つ。

互いの信頼によって、それは成り立つ。