選択と連鎖

部屋の本棚から一冊だけ飛び出している本があった。
指で軽く押せば元に戻せる。

けれど僕は、それを引き抜いて手に取り、開いた。
そして、そのまま読み続けることになった。

それを今、ここに書いている。