鉛筆

img0503

僕のメイン筆記具は鉛筆。

最大の魅力は紙へのタッチと書き心地、そして筆跡。それは芯ホルダともシャープペンとも違う、鉛筆でしか味わえない独特のもの。

弱点として「消せる」ことが挙げられますが、今ではボールペンもフリクションが人気だし、私的用途ならば「消せる」ことはむしろ利点なのです。(消そうとしない限りはほとんど消えませんし、水濡れしても滲みません)

芯を削るという行為も、僕にとっては「魅力」です。そうやってだんだん短くなって、補助軸を使って、役目を終える。これはボールペンインクを使い切るのとはまったく別の満足感です。

もちろん公私問わず鉛筆が向かないシーンでは別の筆記具を使いますが、特に制限(事情)がなければ迷わず鉛筆を使う。今の僕にはそれが当たり前になっています。