百科事典

吉田篤弘の小説を読んでいると「百科事典」が欲しくなる。特に調べたいものがあるわけではなく、ランダムにページをめくり、偶然目に留まった項目を読み、新たな知識を得る。なんて平和で、贅沢な時間の過ごし方だろ…