ふりだしにもどる

鉛筆の本当の魅力は、様々な筆記具をひととおり経験して、もう一度「ふりだし」に戻ったときにわかるものかもしれない。 スポンサーリンク