良書探しの穴場

新潮文庫の巻末にある、作品案内ページが好きだ。

さて、次は何を読もう。1冊の本を読み終えれば、たとえ積ん読があってもそう考えてしまうのが本好きの性(さが)というもの。だから本編読了後は解説を経て、そのまま巻末の作品リストへと導かれる。

最近は本を探すにもインターネットが便利だけれど、漠然と「何かいい本ないかな」では検索できない。人気(売れ筋)ランキングが必ずしも自分にマッチするとは限らないし、ジャンル程度の絞り込みでは候補が多すぎて「検索」にならない。そんな時にも巻末のリストは重宝する。その時には興味をひくものがなかったとしても、未知の本や著者を知れるだけでも大きい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA