ドリフターの迷彩リュック

用途に応じていくつかのデイパック(リュックサック)を使い分けているが、基本的にはシンプルでタフな作りのものが好き。

で、今回買ったのは、Drifter/ドリフターの「BACK COUNTRY PACK/バック カントリー パック」。

内にも外にもポケットを持たない完全1気室構造で、個人的には初の迷彩柄(カモフラージュ柄)である。もともと整理が下手なのでノーポケットの方がかえって使いやすかったりするし、迷彩柄リュックを背負っている人を見かける度に「案外いいんだよなぁ」と思っていたのだ。

とは言え、実際に「完全1気室」の「迷彩柄」を買うのは勇気がいる。こういうのが好きだ、探してた、などと言いながらも、いざとなるとつい「無難」なタイプに逃げたくなる。

そんな気持ちを引き戻してくれたのが「特価」だ。もちろん大幅な値引きにはニセモノなどのリスクが伴うが、今回は信用できる店だったこと、生産終了品だったこと、某ショッピングモールのショップ・オブ・ザ・イヤー受賞記念セールだったことが重なっての特価だったので、売り切れる前に確保した。

届いたばかりなので詳細なレビューはまだできないが、良くも悪くもMade in U.S.A.のおおらかさ(雑さ)はある。20年以上前に買ったアウトドアプロダクツのデイパック(今も現役で時々使っている)もアメリカ製だが、それもそうだった。たとえば「ほつれ」が出てくることもあるが、経験からするとそんなものはたいした問題にはならない。気になるようなら「はさみ」と「接着剤」で解決できる。むしろそのアバウトさこそがMade IN USAの特徴であり、魅力なのだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA