時の足音

秒針が時を刻む。

耳障りだと言う人もいるけれど、僕にとっては心地よい音だ。

過ぎていく「時」は二度と戻らず、追いつくこともできない。

だが、今、目の前を通り過ぎる足音が、僕の記憶と想像の扉を開く。

僕に羊はいらない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA