KIDSパーフェクトペンシルとTIP TOP POP

ファーバーカステルのKIDSパーフェクトペンシル。

パーフェクトペンシルの最廉価モデルだが、後述する用途なら必要十分だ。また必ずしもパーフェクト(書く・消す・削る)を求めているわけではないので、消しゴムを犠牲にして好みの鉛筆を組み合わせている。(標準装備のファーバーカステル製に比べると国産鉛筆の軸はやや太めだが、今のところ問題なく使えている)

僕がKIDSパーフェクトペンシルを使うのは、鉛筆をノートにクリップして、すぐに書けるようにしておくため。ただそれだけ。だから強度的には頼りないとされる樹脂製クリップも、ノート(特に表紙)を傷めにくいという利点になっている。ちなみに30枚綴りのノートなら半分くらいの厚さまで無理なくクリップできるので、前半ページ使用中は表紙に、後半は裏表紙にクリップしておけば、鉛筆を挟んだページをすぐに開くことができる。

…といった具合にKIDSパーフェクトペンシルは役立っているのだが、今日、別のノート用にKUMのTIP TOP POP(KM108)を注文してみた。鉛筆の削りかすは一時的にでも溜められれば便利だし、着脱可能な消しゴムなら自前の鉛筆にも付けられる。また、必要な機能と性能を備えているならできるだけ安価な方がいいし、KIDSパーフェクトペンシルとの比較もしてみたいと思ったのだ。

まあ、いつもの悪い癖(欲・こじつけ)が出たと言えばそれまでだが、廃番になってから後悔するのは嫌なのでこの機会に買ってみた。到着が楽しみだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA