特別な本

何度も読み返す「大好きな本」は、単行本と文庫版の両方を揃えたい。最近、そんなふうに思うようになった。

先に文庫で読み、気に入って再読を繰り返し、それで単行本を買い足すことを決意する。というパターンが多いのだが、特別な本としてわざわざそうするのだから、できれば初版が欲しい。だからほとんどの場合、古本に頼ることになる。

今は古本探しもネットでできる便利な時代だが、「版」の表示がないものもあり、本の状態も大まかなランク付けでしかわからない。つまり「見つかった」と「買う」が、すぐにつながるとは限らない。最終的にどこで買うにしても、そこにたどり着くまでにはそこそこの手間と時間がかかる。

そうやってようやく手にした単行本初版は、すでにその内容が分かっていてもわくわくするし、いとおしい。その本の「特別」がまたひとつ増すのである。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA