やっぱり能率手帳

来年の手帳に記入する予定が増えてきた。

今年の手帳はNOLTYクレスト1だったが、新書サイズは少し大き過ぎたようで、1年ぶりに手にした能率手帳が しっくりと 手に馴染む。

手帳に求めることはいくつかあるが、文字通り「手」とは密接な関係があり、それを無視することはできない。

そんなことも含め、私の相棒にふさわしいのは、やっぱり能率手帳のようだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA