しおり

本・手帳・ノートなどに便利なしおりには様々なタイプのものがあるけれど、やはり短冊形、特に文庫本などに付いてくる紙製のしおりが一番好きだ。

汚損や紛失を気にしないで使えるのが最大の利点だが、使いやすさも侮れない。それぞれに個性があるので意識的に選んで使うのも楽しいが、商品として売られているものではないので偶然出逢うしかなく、それがまたいい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA