本の帯

おびがみ【帯紙】

書籍の表紙・箱に巻く帯状の印刷物。その書籍の内容・特色の簡単な紹介、批評の一部などを記す。帯。俗に腰巻ともいう。

大辞林 第三版より

たまに、本当にたまに、すてきな「帯」に出逢う。

特別な「まえがき」を得たような気分でもあり、それだけで「作品」のようでもある。

かといって帯だけが目立っているわけではなく、本とのバランスも絶妙。決して装丁を邪魔せず、本来の役割をしっかりとこなしている。

* これから購入する「雲と鉛筆」にこの帯がついているとは限りません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA