小さな男*静かな声

小さな男*静かな声 (吉田 篤弘)

吉田篤弘の作品は特に、それを読むときの自分の状態によって感じ方(評価)が大きく変わるのだが、今回はあらゆる条件がこの上なくマッチするタイミングだったようだ。かつてこんなに心地よく、幸せな読書があっただろうか。

とはいえ、これはあくまで個人的な感想だし、またこの幸福感を簡単に分け与えてしまうのも、逆にがっかりされるのも癪なので、あえておすすめはしないでおく。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA