知らぬが仏

しらぬがほとけ【知らぬが仏】

知っているからこそ腹も立つが、知らなければ、仏様のようにすました顔でいられる。見ぬが仏。転じて、当人だけが知らないですましているさまをあざけっていう語。
大辞林 第三版

知れば腹も立つが、知らないから仏のように平静でいられる。また、本人だけが知らないで平然としているのを、あざけっていう語。
デジタル大辞泉

あざけりの意で使われる(知られる)ことが多い語だが、「知らぬ」ことを肯定的にとらえた語釈(大辞林によれば「本来の意」と解される)は、情報という名のノイズに踊らされて(支配されて)いる社会へ向けての金言ともいえる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA