「広辞苑 第七版」の挿絵を描いたペン

文末のリンク先記事を読んでいただければ、これ以上書き加えることもないんですが… ^^;

そうなんだよなぁ、職人さんたちの道具って必ずしも特別なものではなく「普及品」を使っていることが少なくない。

こだわる部分がはっきりした道具選び。それを駆使して生み出される一流。憧れます。

新語だけじゃない『広辞苑』は挿し絵も進化している

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA