梅雨と万年筆

久しぶりに万年筆を満喫した。

現在2本の万年筆にインクが入っているのだが、最近はそれをドライアップ防止のメンテナンスとして使うだけだった。でも今日はしっかり・たっぷりと「万年筆」を味わった。

紙は小日向京さん監修の飾り原稿用紙で、万年筆との相性もバッチリ。ペン先がなめらかに走って、文字になり、文章となっていく。万年筆ならでは書き心地と筆跡は「格別」だ。

うっとうしい梅雨も、過ごし方次第で楽しくなる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA