デルガード復活

img0194

長い間しまい込んでいた初代デルガードを出してきて、手帳用筆記具として使い始めました。

「折れないシャープ」は殴り書きの多い手帳に重宝します。ほとんど芯を出さず、追加ノックなしで長文を書き続けられるオレンズのようなシステムも便利ですが、手帳への記載は箇条書き(短文)がほとんどですし、やはり「芯を出して書く」ほうがタッチが自然で、しっくりきます。

img0198

樹脂製クリップにはいくつかの短所がありますが、手帳のペンホルダーに挿すにはその「ゆるさ」(クリップ力が強すぎないこと)がかえって都合よく、着脱がスムーズです。

また、固定スリープであることは携帯用として不便かもしれませんが、個人的には手帳サイズのほうが大きいこともあり、今のところ問題はありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA