衣を返・す

衣を返・す

衣を裏返しに着る。こうして寝ると思う人を夢に見ることができるという俗信があった。
「いとせめて恋しき時はむばたまの夜の―・してぞ着る」〈古今・恋二〉

– 大辞泉 –

そもそもは【転ぶ】を引いたのですが、期せずしてこのような収穫を得られたのは「紙の辞書」だから。どんなにデジタル化が進んでも手放せません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA