本の処分

相変わらず古本屋にはお世話になっているけれど、売ることはすっかりしなくなった。不要になった本は資源ごみの日に捨てている。自分の本は古本としてではなく、再生紙としてリサイクルしてもらうわけだ。

損得勘定はせず、思い切って捨てる。それが気持ちいい。部屋も気分もすっきりする。わずかな買取金よりも、その爽快感・満足感をとるようになった。

もちろん売ることは否定しないし、そうする人がいるからこそ自分も古本を購入できるのだが、自分は「買う・使う・捨てる」という「ただの消費者」でありたいと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA