OHTO 真鍮製2ミリ芯削り器「SPN-400」

OHTO/オートの2ミリ芯削り器「SPN-400」

本体サイズは約「10ミリ×66ミリ」(直径×長さ)

「当たり前」なはずの「MADE IN JAPAN」が、しみじみうれしい今日このごろ。

ネジ式のフタを外したところ。

削り器(刃)は、芯ホルダーの軸尾キャップなどで採用されている「簡易タイプ」ですが、

それなりに削れます。

コンパクトで、削りカスがこぼれず、金属エイジングも楽しめそうな「SPN-400」。芯研器はいくつか持っていますが、こちらの出番が多くなりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA