久しぶりの筆記具購入

パイロットの多機能ペン「2+1 LIGHT

・一般的な筆記には十分な2+1構成
・芯の切り替えが容易&確実なスライドレバー式
・シャープ芯の繰り出しは軸尾ノック式
・スリム軸(最大径:約12ミリ / グリップ径:約11ミリ)
・リフトクリップ

といった特徴が手帳用筆記具(携帯用筆記具)に適していると思われ、300円(税別)という手頃な価格でもあったので、試してみることにしました。

ボールペンの初期装填芯は従来型油性インク(BKRF-6F)ですが、低粘度のアクロインキリフィル(BVRF-8EF / 8F)と同サイズですので、未確認ではありますが互換性がありそうです。最終的にどちらの芯(インク)を使うかは別として、選択肢があるとやはり安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA