手帳再考

結果として「いつもの手帳」になってしまう可能性が高いけれども、それでも来年(2018年)の手帳についてはゼロから再考しようと思っています。

と言っても、特別な要求があるわけではありません。「ノート」を自分なりに使いこなせるようになってきた今、手帳に求めることはむしろ減っていて、つまり「よりシンプル」にできないものかと考えているのです。

ま、最初に言ったように結局「いつもの」になってしまうにしても、久しぶりにいろいろな手帳と触れ合えるだけでわくわくしますから、理想とするスタイルが変わっても「手帳好き」はそのままのようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA