これで切れなきゃ「はさみ」はあきらめる

何を、どう切りたいかによって数種類のはさみとカッターを使い分けていますが、一般的なはさみでは戦いを挑めない「強敵」にはこれ。

CANARY(長谷川刃物)の「アームレスラー ストレートロング」(AW-190H)です。

パワフルには見えない外観ですが「はがね」を使用しており、しっかり握れる大型ハンドルは力を入れやすい。

よって、

従来のハサミでは硬くて切りにくかった厚紙やシート、チューブなども切断が可能なばかりか、アルミ板1.0mm、鉄板(トタン・ブリキ)0.6mm、鋼板0.6mm、ステンレス板0.3mmの切断もできるのです!
スミ利より引用)

実際、苦戦を覚悟で臨んだ場合でも、あっけないくらい簡単に切れます。

こういう「頼れる道具」を持っていると心強い。何より「切れる刃物」は本当に気持ちがいい。

ちなみに「アームレスラー」でも切れないものには「はさみ」の使用をあきらめ、より強靭な工具に頼ります。しかしそこにあるのは「不満」ではなく「納得」なのです。

長谷川刃物 アームレスラー ストレートロングはさみ AW-190H

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA