今、一番使っている鉛筆削り

KUM/クムのマグネシウム合金製ロングポイントシャープナー(右)

今、一番使っている鉛筆削りです。

ちなみに樹脂製の方は替刃付きの親切設計ですが、こちらは削り器としてではなくマグネシウム用の替刃として購入したので、たまに気が向いて使う程度です。

機能・性能でいえばこれより優れたものもありますし、選択基準はシチュエーションによっても変わってきますが、まずはこの手の小型鉛筆削り器には少ない「ロングポイント」であることが「ストロングポイント」。そして自宅で使ううえでは、削りカスを直接ゴミ箱に落とせる(ケースがない)タイプの方が手間がかからず、かえって便利だったりするのです。

そんな鉛筆削りも多くの人にとっては無用の道具。もったいないなぁ…。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA