本物のギアを知っている人の普段使い

本物のギアを知っている人々に普段使いとして認められるリースナブルで丈夫な商品が市場に存在していなかったのです。
そこで、軍物のタープのリメイクのためにあった設備を使い、1973年の立ち上げられたのがOutdoor Productsだったのです。
アウトドアプロダクツの歴史より引用 原文ママ)

ただ「リースナブルで丈夫」なだけでなく、「本物のギアを知っている人々」に「普段使いとして認められる」商品。そんな哲学(ポリシー)を知らされたら、もうそれだけでそのメーカーが好きになってしまいます。

ジャンルを問わず、そういう「普段使い」をしっかりと選べるユーザーになりたいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA