限りなく鉛筆に近い芯ホルダー

スタンダードグラフのショートタイプ2ミリ芯ホルダー。

2011年12月に買ったものですが、現在はクリップを外して「限りなく鉛筆に近い芯ホルダー」として愛用しています。

114.5ミリのショート軸ですので、140.5ミリの三菱ユニホルダーと比較するとご覧のとおりの違いがありますが、

えんぴつキャップを使うと、ショート軸であることをまったく感じさせません。

ノックボタンは隠れてしまいますが、芯ホルダーはシャープペンとは違い、筆記中に芯を繰り出すこと(ノックすること)がほとんどないので問題ありません。

鉛筆と並べてみると、まさに「限りなく鉛筆に近い芯ホルダー」ですね。

さらに、キャップのおかげで芯を出したまましまえるので、

キャップを取ればすぐに使える点も鉛筆と同じ。見た目だけではなく機能的にも「限りなく鉛筆に近い芯ホルダー」なのです。

*キャップはスリットによって微調整ができる金属タイプを使用していますが、軸(塗装)に傷をつける恐れがありますのでご注意ください(自己責任でお願いします)

【Standardgraph/スタンダードグラフ】ショートタイプ2ミリ芯ホルダー

以下のモデルも同サイズのショート軸芯ホルダーです
【KOH-I-NOOR/コヒノール】ショートタイプ2ミリ芯ホルダーVERSATIL 5228
【KOH-I-NOOR/コヒノール】ショートタイプ2ミリ芯ホルダー5228・ノーマーク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA