ドットライナー「スタンプ」を「ノック」へ


何度も詰め替えて使っていた「ドットライナースタンプ」ですが、ちょうど年末に使い切ったのを機に、今年から「ドットライナーノック」に替えてみました。

主な用途は新聞のスクラップですが、とても使いやすく、作業がはかどります。(スタンプはポンと押すだけで便利ですが、位置合わせが面倒だったので)


ノック解除時はキャップが閉まってホコリの侵入を防ぎ、


ノックをするとキャプが開いてテープのりがせり出してきます。

本体サイズはお世辞にもコンパクトとは言えませんが、ノック式ペンの要領で使え、ちらかった机上でも行方不明になりにくいので重宝しています。

というわけで現時点ではおおむね満足していますが、「のり」にもたくさんの種類があり、知らぬ間に画期的な新製品(改良品)が出てたりもしますからね。今後は文具店の「のりコーナー」もしっかりとチェックしようと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA