ノートを制する者は手帳を制す?

2017年手帳については6月末にこんな記事を書きましたが、まだ決定には至っていません。それでも手帳選びのテーマだけはハッキリしました。それは「原点回帰」。今はそのための第一歩として「ノートの有効活用」について考えています。

種類が豊富で様々な用途に対応できるノートをうまく使いこなすことができれば、手帳は役割を絞って「シンプル化」でき、情報は「高濃度」で「検索」も容易になります。

手帳の用途や使い方は多様化しており、自身もその波に乗ったりしましたが、結局はシンプルな実用手帳(ビジネス手帳)の1冊使いこそがオイラにとっての「原点」であり、2017年はそこに回帰します。そしてそのためには「ノートの有効活用」が必須なのです。

さて、「ノートを制する者は手帳を制す」ことができるでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA