「もどき」だが「極上」のジョッター

img0486

名刺サイズの情報カードを能率手帳ゴールド小型の裏表紙ポケットにストックしておき、使う時には手帳本体を下敷きにする。最近の外出時のメモスタイルです。

「外出先でのメモにはとりあえず情報カードを使い、後から必要に応じて手帳やノートに転記」という流れは、情報を整理(取捨選択)するうえで役立ちます。

さらに「革」を下敷きにして書く「筆感」がすばらしい。情報カードを乗せれば、これはもう極上のジョッターです。

img0487

筆記具は鉛筆と迷ったのですが、携帯するなら適度に短く、いつも同じ長さであるほうがいいので「芯ホルダー」にしました。

すぐに書けるように芯は出しっぱなしで鉛筆用のキャップを使用。クリップは外し、手帳に挟み込んで携帯しています。この芯ホルダーは鉛筆とほぼ同じ軸径なのでキャップが使え、ショート軸なので小型手帳に挟んでもほとんどはみ出しません。

芯は4Bをチョイス。メモ書きに適した硬度であり、「革の下敷き」との相性も抜群です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA