妻の日記帳に学ぶ

夫婦で昔話をしていた流れで、妻が日記帳を出してきました。約20年分あるらしいのですが、特別な日記帳ではなくごく普通のノートで、メーカーやサイズもバラバラ。さすがに中身は見ませんでしたが、彼女がページをめくりながら話してくれる過去の出来事に懐かしさを覚えるとともに、やはり日記というのはこうあるべきだよなぁと強く感じました。

道具に凝ることは決して悪いことではないけれども、何より大切なのは自分にとっての「その日」を記録すること。それは必ずしも特別なイベントではなく、むしろたわいのない日常の方が多いでしょう。しかしそれは後になってかけがえのない思い出となり、そんな日々が蓄積された日記帳こそが本当の宝物になるのです。

と、そんな理屈はとっくにわかっていても、ついつい「形」の方に走ってしまうのが文具好きの悲しい性。今回も「日記とは」を改めて考えさせられつつ、何の変哲もないノートを日記帳として使うカッコ良さにも興味をそそられてしまったオイラなのです(^_^;)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA