「ちびたくん」への道

img0470

本体ごと削られて次第に短くなっていく。

これは良くも悪くも鉛筆ならではの特徴ですが、オイラにとっては大きな魅力であり、「ちびたくん」の完成時には大きな満足感(充実感)が得られます。この感覚は他の筆記具のように「中身」を使い切ったのとは別物です。

加えて「削る」という行為自体も好きですが、だからといってむやみには削りません。むしろ粘ります。削ることも短くなることもちゃんと使っての結果でなければ意味がありませんから、誘惑に耐えています。

ちなみにオイラは「鉛筆の軸」を握っていたいタイプなので、写真には撮りましたが「補助軸」はギリギリまで使いません。ですから今はまだ「キャップ」で補っています。

それでもいずれは補助軸に切り替わり、いよいよ「ちびたくん」の完成間近!…と思いきや、そこからがまた結構長く焦らされるんですよねぇ。ま、だからこそ満足感もひとしおなのですが。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA