好きなことは続く

時間があれば本を読み、飽きたら原稿用紙に向かう。

なんて言うとずいぶんと文学的な生活に聞こえますけれども、そんな大層なものではありません。ごく一般的な小説やエッセイを読み、ただの雑記を原稿用紙に書いているだけです。

それでも長年続いていることなので(原稿用紙を使うようになったのは最近のことですが)、オイラは文章を読んだり書いたりすることが単純に(純粋に)好きなのでしょう。たぶん文具趣味もそこから派生したものと思われます。

いずれにしても「好きなこと」は自然に「続く」ようです。たとえそれを自覚していなくても。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA