日記用筆記具

img0466

自分でも不思議なほど順調に続いている今年の日記に使っている筆記具は、スタイルフィット用シグノ(0.38ミリ/ブルーブラック)を装填した野原工芸の木軸ボールペン。ゼブラUK-0.7芯が初期装填されていた旧モデルの細軸で、イタヤカエデの「鱗杢」が美しい一本です。

細字万年筆も捨て難かったのですが、日記の場合は枕元で(寝そべって)書くことも多いので、筆記環境に寛容なボールペンの方が都合がいいのです。というわけで、しばらくご無沙汰していたこのボールペンに再登場を願った次第。

道具は「外観がお気に入り」であることも大切ですが、「用途(使用環境)に合っている」ことが重要。今回はその二つの条件を満たしているから、日記がこれまでになく順調に続いているのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA