万年筆修行

万年筆を使ったあとに鉛筆で書くと、どこか「ほっ」とするようなところがあります。万年筆を握ると無意識に気負ってしまうのでしょうね。リラックスして楽しめるようになるにはまだまだ修行が必要なようです。

そんなオイラではありますが、先日購入したパイロットの18K万年筆には大満足しています。飾り原稿用紙(キンマリSW)トモエリバーの上をなめらかに走るペン先とブルーブラック(セーラー・ジェントルインク)の筆跡がたまりません。

本格的なレビューは「じっくりと使い込んでから」と思っているのでもう少し時間を頂きますが、現時点での率直な感想は「さすが」の一言。「調整済」とは言っても非対面ですから、オイラに合わせた調整ではありません。それでもあの川口明弘氏によってしっかりと「検品」されているわけですから、初心者はそれだけでも大きな「安心」を得られるのです。特に今回は古いモデルだったのでなおさらです。

というわけで引き続きこの万年筆で修業に励み、お互いを育て合いたいと思います(*^_^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA