飾り原稿用紙に中字の金ペンを走らせたい

自作原稿用紙(コピー用紙)では鉛筆を使うことが多かったのですが、飾り原稿用紙を手に入れてからは万年筆の出番が多くなってきました。キンマリSWの上をなめらかに走る万年筆とその筆跡が楽しくて、どうでもいいことをいつまでも書き続けてしまいます。特に中字との相性がいいですねー。

しかしオイラの持っている中字万年筆はすべて鉄ペン。それが悪いわけではありませんが、やはり金ペンを走らせてみたくなります。

ってなことをオイラが言い出した場合、数日後にはどうなっているか。

語るまでもありますまい…。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA