鉛筆修行

img0455

カステル9000番(ファーバーカステル)とマルス ルモグラフ(ステッドラー)の2B。

ともにドイツブランドの実力派鉛筆として人気がありますが、どちらかと言えばステッドラーの方が好みだったオイラ。しかしここへきてファーバーカステルにも「なるほど」な魅力を感じるようになり、今は両者それぞれの「味」を楽しんでいます。

その時の気分でなんとなく選ぶ鉛筆も悪くないけれど、それぞれの特性を自分なりに把握し、それに基づいた使い分けができたら更に楽しいだろうなぁ。

…ってなわけで、最近はそんな修行意識も持って鉛筆を走らせています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA