1万円の使いみち

立て続けに買った3冊の国語辞典に費やした金額は約1万円。これは国内ブランドの金ペン(万年筆)が買える金額です。しかもオイラはここ1,2年ずっとそれを欲しいと思いつつ、いまだに踏ん切りがつかずにいます。そんな中で、つい数日前に興味を持ったばかりの国語辞典には速攻投資。我ながら両者に対する決裁スピードの違いに驚きです…(^_^;)

さて、次の1万円は何に使われるのでしょう。果たして金ペン購入の日はくるのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA