紙の国語辞典を買いました

特定の単語の意味を調べることだけが目的ならば、ネット・アプリ・電子辞書などの方が都合のいいことが多いでしょう。しかし日本語全般を読んだり(眺めたり)学んだりするのなら、やはり「紙」の辞書です。

国語辞典なんて、古さを気にしなければ家のどこかにあるはず…だったのですが、どこを探しても見つからない。おぼろげな記憶を辿ると、処分したような気がしないでもない。

img0430

というわけで、さっそく買ってきました。せっかく「改めて日本語を勉強しよう」という気になったんですからね、善は急げです。

「独特の語釈」が特徴の新明解国語辞典(通称「新解さん」)や、「新語に強い」とされる三省堂国語辞典(通称「三国/サンコク」)も候補に挙げたのですが、検討の結果、最も標準的な国語辞典として定評のある岩波 国語辞典(通称「岩国/いわこく」)にしました。

img0431

ケースと帯

img0432

本体

img0433

中身

今やほとんどの人が見向きもしなくなった「紙」の国語辞典ですが、改めて「読んで」みるとおもしろい(楽しい)です。今回は「岩国/いわこく」を選びましたが、ゆくゆくは「新解さん」や「三国/サンコク」と読み比べたいなぁ(*^_^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA