気軽にハマれる鉛筆沼

img0401

ファーバーカステルの9000番。鉛筆好きなら誰もが知る定番モデルですが、同硬度の国産鉛筆に比べると硬くて薄いため、所有鉛筆の中での使用頻度は高くありません。

が、なぜか今日は無性に使いたくなって2Bをチョイス。気象条件か、それとも気分の関係か、とにかく今日はこれがどの鉛筆よりもしっくりときました。

こういうことがあるから、使用頻度にかかわらず、ある程度の種類を揃えておきたい。筆記具にはあの恐ろしい沼がありますが、鉛筆沼なら割と気軽にハマることができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA