ぺんてるのマルチ8を買いました

img0378

ぺんてるのマルチ8(PH802)を買いました。ロングセラー商品ですから特に説明の必要はないと思いますが、大雑把に言えば8色の色芯を装填した芯ホルダーと言ったところでしょうか。

まあオイラには赤と青の2色があれば十分なんですけれども、マルチ8は構造的にもよくできていて「操作」を楽しめるのも大きな魅力。なので全色を使わなくても所有の価値はあるかなと。

また、表現の道具箱やユーザーレビューなどによれば見た目以上の耐久性があるようで、長期間ハードに使い続けている人も多いらしい。オイラもそんなユーザーの仲間入りができたらいいなぁ。

ぺんてる マルチ8

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. 呼ばれたので(笑)、やってきました!

    マルチ8は、たぶん、2008年あたりに購入したと思います。ほぼ日手帳ユーザーなら、おそらく、みんな知っているペンですね。

    ほぼ日ストアで買おうと思ったけど、決心がつかなくて、後日、Loftに用事があって行ったときに、ペンコーナーを見てみたら、日本では取り扱いのないバージョンのマルチ8が売っていたので、そこで即決した記憶があります。海外版は透明で見やすいのと、ちょっとカラフルなのが気に入っています。

    日本版のセットを買えば、専用の替え芯にプラスして削り器もついてきますが、単体で買ったので、ステッドラーの削り器を使用しています。

    最初は、芯の出し方、しまい方が独特でとまどう宇部分もありましたが、ほんの一瞬だけでした。使ううちにどんどんこの特殊なギミックに愛着がわいてきて、今に至ります。

    いつも持ち歩くペンケースに常備させていて、使うのはほとんど手帳です。手帳に絵を描いたときなどの色鉛筆がわりとして使っています。使っているときはすごく楽しく童心にかえったような気持ちになれます。

    コメントを書きながら思いましたが、今度は、画用紙みたいな紙で使ってみたいな。トモエリバーは、描く紙より書く紙なので、芯が滑りるし、色をつけるのにはちょっと筆圧を強くしたり、重ね塗りをしたりする必要があるのです。画用紙だとザラザラしているので、描きやすそうですね。

    メモ魔さんはどのような用途に使うために買ったのでしょう?今回の記事は買った報告のみのようなので、今後の記事を楽しみにしています。

    1. おー、あゆむさんもマルチ8ユーザーでしたか。
      今回の件に限らず、あゆむさんって何気に「通好み」のアイテムを押さえてますよね。そしてそれをしっかりと活用してるところがシブいんだよなぁ。そういうところ、オイラも見習いたいです(*^_^*)

      用途についてはマーカー的な使い方(アンダーラインや囲み線)がメインになると思います。記事にも書いたように赤と青があれば十分なんですが、そういった必要性よりも「マルチ8が欲しい」という気持ちが勝ってしまい、つい買ってしまいました(^_^;)

      そんなわけでとりあえずは2色マーカーでのデビューですが、試行錯誤を繰り返しながら「マルチ8」にふさわしい活用法を見つけたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA