「ぺんてる筆」で気軽に筆文字を楽しむ

img0361
前々から気になっていた「ぺんてる筆」を買ってみました。差し当たって大きな文字を書く予定はないので「極細」をチョイス。

img0362
まずは軸を回して中央の赤いリングを取ります。穂先はまだ透明です。

img0363
筆を下向きにしてカートリッジ(黒軸)の根本をゆっくりと押すとインキで穂先が黒くなってきます。画像ではまだ透明な部分が残っていますが、書いているうちに全体に行き渡ります。

img0364
というわけで早速試し書き。

あー、この筆ならではの書き心地、そして筆跡。上手いとか下手とか、そんなことはどうでもよくなる楽しさ、気持ちよさです。書くことが好きならば、これは絶対に味わうべき。そうしないと「損」です。

紙質的には決して良いとはいえないリーガルパッドに書いてみましたが意外に滲まず、これならいろいろな紙で気軽に筆文字を楽しめそう。毛筆ならではの穂先の使い方や力加減などを習得しながら、自分なりの「書」の世界を広げていきたいです(*^_^*)

ちなみに「ぺんてる筆」については下記リンクで詳しく解説されていますので、ご興味のある方はチェックしてみてください。

穂先一本一本までこだわり抜く、世界唯一の筆ペン(表現の道具箱)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA