KUMのロングポイントシャープナー(マグネシウム合金・1穴)

img0299
KUMのロングポイントシャープナー「KM8」(400-5L)。マグネシウム合金製。

通常よりも鉛筆を深く挿入でき、刃も長めなので「鋭角」(長め)に削ることができます。

img0300
8ミリ径対応の1穴タイプ。

img0301
内部。

これ以上ないであろう単純構造で性能を極めようとするところがコンパクトシャープナーの魅力。「道具好き」の心をくすぐるのです。

img0302
裏面。

img0303
削り心地は軽くてなめらか。

img0304
シャキーン!

img0305
上がスタンダード、下がロングポイントシャープナーで削った鉛筆。

もちろんナイフで削ればより自分好みに仕上げることができますし、その作業もまた楽しみのひとつです。でも削り器で削ることにも独特の感覚や楽しさがあって、また削り器そのものの魅力もあったりして、甲乙などつけられません。削りたいときに削りたいように削る。それがオイラの鉛筆削りです(*^_^*)

スポンサーリンク

2件のコメント

    1. 何で削るかでカスの状態も変わってきますから、それもまた楽しみの一つです(*^_^*)
      ただ、最近の鉛筆は昔に比べて香りが弱いような気がするんですよねぇ…。
      それとも歳のせいで嗅覚が衰えたのかな(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA