浮いたお金を趣味に使える幸せ♪

img0298

実は先月の10日から禁煙(絶煙)をしておりまして、無事に1ヶ月を超えました。まだまだ油断は禁物ですが、このままいけば30年以上続いた喫煙生活にピリオドを打てそうです。

ちなみに今回の禁煙法はひたすら我慢するというオーソドックスかつ原始的な方法。過去も同じ方法で失敗してますし、喫煙歴からしても根性だけじゃ無理かなと思ったんですが、この「ダメもと」(どうせまたダメだろう)的なスタンスが幸いしたのか、これまでの失敗が嘘のようにスムーズ。もちろん禁断症状はありましたが過去の禁煙時に味わった程の辛さは感じず、禁煙外来や市販の禁煙グッズの世話にならずに峠を超えることができました。

さて、タバコをやめたことでまず第一に期待できるのは健康効果ですけれども、1日1箱吸っていたオイラには日に430円の経済効果もあるわけです。月あたり約1万3千円。これを文具や本などの趣味に費やせると思うとニンマリしてしまいます。今まではそれを灰にしてたんですもんねぇ。もったいない…。

【参考】吸ってた人には懐かしい「タバコの価格(灰にした金額)の変遷」
オイラが吸い始めた時の価格は一箱180円。その後の価格にも確かに覚えがありますなぁ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA