字の練習よりも精神の鍛錬?

つい先程デジカメの修理品を宅配便で出してきたのですが、伝票に書いた自分の字にガッカリ。と言っても今回に限った話ではなく、公の書類記入においては毎度のことなのですが…。

なぜなんですかねぇ。文字は人並み以上に書いてますし、さらに最近は無地(無罫)や縦書きでも書いたりしているのに、公の書類記入では書式に関係なく無残な結果になります。確かに私的なものと公のものでは無意識のうちに「緊張」の違いがあるんでしょうけど、それにしても酷い…。オイラの場合は字の練習よりも精神の鍛錬が必要なのかもしれません。

となると…、いよいよ書道(毛筆)ですかね(^_^;)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA